おとり広告に注意をして賃貸探し

高校を卒業していざ一人暮らしを始めようとする時、多くの人が賃貸物件を選ぶことでしょう。
どんなに学業がメインであっても、賃貸物件選びには決して妥協することなく足も使って探していきましょう。 賃貸物件を探しているお客さんが来店をしてこそ、不動産屋は意味があります。
インターネットでどんなに訪問者があったとしても店頭に来てもらえないと不動産会社は意味が無いのです。

 

すでに契約済みだったり、入居者がいる状態の物件をおとり広告にして雑誌やインターネットなどで紹介しているケースがあります。
「すみません、あの物件は先日契約されちゃったんですよ」などと、おとり広告に対して答えることでしょう。

 

不動産屋へ物件探しに行く前に、貴方が広告で確認をした物件がまだ残っているのかを確認しておくようにしてください。
事前にしっかりと電話で確認をしておくことで、おとりの広告に騙されること無く物件探しをすることが出来ます。





川元誠一は
URL:http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/229684/
川元誠一のこと


おとり広告に注意をして賃貸探しブログ:17/09/13

ボクの妻の身体に新しい命が授かってから
もうすでに臨月に入り、
いつ生まれてもおかしくない状況にあります。

すでに我が家は、
いつ娘が生まれてくれてもいいように、
臨戦態勢に入っております。

さてさて、
MAXにお腹が大きくなっているボクの妻…
動くのも一苦労のようです。

「ふぅ…ふぅ…」

でも、2歳の男の子こうちゃんは、
そんな妻の状況を理解できず、
「遊そぼ!」「抱っこ!!」とダダをこねます。

そこで、妻は男の子に言います。

「ごめんね。ママは、いまお腹の中に、
こうちゃんのいもうとがいるから、抱っこしてあげられないの。
いもうとが生まれてきたら、また一緒に遊ぼうね」

男の子は、なにかを理解したのか、
妻のお腹をナデナデしました。

それからというもの、
男の子は、妻に抱っこを求めたり、
無理に遊ぶことを求めたりしなくなりました。

妻が洗濯物を干すとなると、
男の子は洗濯物を持ってくれます。
妻が床拭きをはじめると、
男の子も同じように床を拭いてくれます。

見よう見まねですが、
男の子なりに妻のお手伝いをしているのです。

おととい、妻を追いかけて走った男の子が、
おもいっきりつまづいてこけてしまいました。

すぅ〜と立ち上がった男の子は、
痛かったのか、恥ずかしかったのか、目に涙をいっぱいためて、
下唇が上唇にかぶせて、泣くのをジッと我慢してました。

妻は、ゆっくりとこしをかがめて、
男の子の目線で優しくこう言いました。

「大丈夫?痛かったね。我慢しなくていいのよ。泣いてもいいのよ」

男の子は大きくゆっくりとうなづいて、大きな声で泣きました。
そして、抱きしめられたその顔は、
だんだんと安堵の表情になっていきました。


このページの先頭へ戻る