情報誌の罠に注意しよう

もし賃貸を現在進行形で探しているのでしたら、貴方の探し方が間違っていないかを今一度考えてみてください。
一つの不動産屋だけの情報を頼りにしないで、インターネットでの情報収集も怠らないようにしましょう。 多くの人が賃貸情報誌などを参考にして物件探しをしていますが、その情報が全てでは決してありません。
そのような物件は店舗へのお客さんを増やすための情報ですので、雑誌は来店してもらうためのある意味でツールなのです。

 

コンビニなどで気軽に購入をすることが出来る賃貸情報誌などにはエリア毎の相場が掲載されていますが、その情報が正しいとは決して限りません。
不動産屋へ出向いて、実際に相場を知ると、雑誌との違いに驚くこともよくあります。

 

賃貸情報誌が店頭に並ぶまでは、インターネットとは違い様々な工程がありますので、実際に掲載されている物件情報は二週間程度過去の情報と認識しましょう。
このことから問い合わせをしても、すでに契約されてしまっているケースが多いのです。





フコイダンはここへ
URL:http://daiichi-sangyo.com/
フコイダンはここへ


情報誌の罠に注意しようブログ:17/07/19

減量中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
9時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
20時になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪がからだに蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
からだに脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
からだのエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

20時は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
9時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

9時は一日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
一日の後半のご飯になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
からだに必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
からだに脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

さあご飯食べよ〜っと。

このページの先頭へ戻る